読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなたのひだまり日記

グルメ、読書などを中心に日常の情報をのほほんとシェアします

雰囲気の良いくつろぎの中国茶カフェで食べる予約制中華点心ランチ♪最後のコーヒーとデザートは満足度高いです♪( ´▽`)

【雰囲気の良いくつろぎの中国茶カフェで食べる予約制中華点心ランチ♪最後のコーヒーとデザートは満足度高いです♪( ´▽`)】

 

f:id:hinatastream:20170225134057j:image

 

中国茶カフェJasmineさんにやってまいりました。

 

f:id:hinatastream:20170225134110j:image

 

Jasmineさんは元は栄のロフトにありましたが、今は守山の竜泉寺の湯近くに移転してます。

 

Jasmineさんのウリはもちろん中国茶なのですが、前日までに予約すれば台湾人のご主人お手製の中華点心のランチを楽しむことができます^ ^

 

ということで、

 

広東風お粥ランチセット(1080円)

 

をオーダー♪

 

f:id:hinatastream:20170225134153j:image

 

店内はセンス良い調度品に囲まれ、落ち着いた雰囲気の中、ゆったりとした中国語のボサノヴァが流れており癒されます。

 

さてまずはサラダからサーブ。

 

f:id:hinatastream:20170225134207j:image

 

サラダはごく普通です(笑)

 

次にメインのかに風味粥です。

 

f:id:hinatastream:20170225134224j:image

 

ほのかな塩気と生姜のアクセントが効いたテイストは身体に良さそうな気がします♪

 

ただお米は日本のもっちりとしたものを使っているせいかかなり日本風なお粥に仕上がっています(笑)

 

そしてお次は

シュウマイ、上海小籠包、中華チマキ

の中華点心です^ ^

 

f:id:hinatastream:20170225134241j:image

 

とても家庭的な味わいです^ ^

 

電子レンジでチンではなくちゃんと蒸しているのが良いです♪

 

この手間暇一つで味も栄養も大きく変わります^ ^

 

さて、最後にコーヒーとデザートです^ ^

 

f:id:hinatastream:20170225134057j:image

 

コーヒーはその場で豆を砕いて淹れてもらえます♪

 

すっきりと雑味をかなり抑えた優しい味わいです^ ^

 

普段ライトなテイストよりストロングを好む私ですが、それでも美味しくいただけました♪( ´▽`)

 

途中、沖縄黒糖を使ったゼリーもテイスティングです^ ^

 

プルプルしたゼリーをスプーンですくって口に運ぶと、、、

 

ウマイヽ(≧▽≦)ノ

 

このほんのりと優しい甘さがたまらない!

 

このスイーツはコーヒーとも合いますが、中国茶日本茶だともっと合うと思います^ ^

 

あ、あと最後まで食べて気付きました。

 

私は大きな勘違いをしていました。

 

メインは中華粥だと思ってましたが、実はこのコーヒーとデザートこそがJasmineさんのメインだったのです^ ^

 

このコーヒーとデザートを食べ終わった後一気に満足度が上がりました(笑)

 

 

ごちそうさまでした♪( ´▽`)

 

 

 

 


追伸
お勘定の時になんと中国茶のお土産までもらえます♪

 

この心配りにヤラレました(笑)

 

店主の人柄、内装や食器のセンス、お店から感じる波動、すべて個人的にかなり気に入りましたので今後ヘビリピな気がします(笑)

 

 


追伸2
どことなくハリポタに似た店主は超腰が低くて優しいです(笑)

 

お茶やコーヒーを淹れる時には神経質と思えるぐらい真剣でこだわっていますが、お粥の時は食器の外にお粥がちょっとついてたりするのがギャップで面白かったです(笑)

 

ハリポタの寝癖みたいなもので、ちょっと隙というかツッコミ所があるのが魅力かもしれません^ ^

 

 


追伸3
(どうでも良い独り言なので読み飛ばしていただいて大丈夫です(笑))

 

f:id:hinatastream:20170225134434j:image


なぜ空のコーヒーカップの写真を?と思わたかもしれませんが、なぜかこの器に惹かれました(笑)

 

料理は盛り付けで味が変化することは体感していますが、食器も味覚に影響するんだなと不思議に思いました^ ^

 

盛り付けで味が変化するのはその食材にかかる圧力と空気に触れる面積の違いによる温度の変化によってもたらされると思います。

 

食器もその材質、厚さ、空気に触れる面積で熱伝導率が変わりますのでそれで味が違うのかもしれません。

 

店主はカップの温め時間、提供のタイミングも慎重に測っているように思えましたので、このわずかな温度変化による味の違いにもこだわられているのかもしれませんね^ ^